美白ケアは紫外線が強くなる春からが理想!

美白に力を入れるなら、遅くとも紫外線が強くなり始める春からはケアを始めること。

 

お肌に直接働きかけるケアだけでなく、ビタミンサプリメントで“飲むUVケア”を実践するのも効果的。

 

そして、最も紫外線の強くなる真夏に向けてお肌の基礎力をUPして行くことが出来たなら言うことはありません。

 

 

とは言っても、紫外線対策をそんなに早くからやっていなかったと方が大半。そこで、日焼け対策が遅れてしまった方や、うっかり日焼け、さらにがっつり日焼けしてしまって、紫外線をたくさん浴びられてしまった方でも、今から出来る美白ケアをご紹介していきます。

20代後半〜30代後半は、保湿効果の高い化粧品が必須!

 

20代後半から30代後半にかけてのスキンケアは、その後の肌年齢を決める重要な分かれ道。

 

若い時のピチピチしたお肌を維持するためには表面的なケアでは絶対にダメ。

 

本気でアンチエイジングを考えるなら、お肌の奥深くに働きかけてくれる高保湿ケアの投入検討が必須です。


日焼け後の美白とアンチエイジングに人気のコスメTOP3!

デルメッド ホワイトニング

長年の研究により開発された独自の複合成分「ピュールブラン」にはブドウ糖結合型ビタミンC,保湿成分のリキリチン、桑黄抽出液が配合。

 

出来てしまったシミだけでなく、これから作られるシミにも働きかけます。

 

特に注目すべき点がシミの3重ブロック。

 

 

FANCL モイスチャライジング

うっかり日焼けをしてしまった後の美白対策はお肌の根本に働きかけるケアであることが絶対条件。

 

無添加でおなじみのファンケルで、お肌の保水力を高めて真の美白を実現してくれます。

 

資生堂 エリクシールホワイト

“MAQUIA”2012年度上半期ベスト・オブ・ベスト大賞受賞で注目度bPのデーケアレボリューション(日中用美容乳液)がついています。

 

シミを予防しながら紫外線を防ぎ、透明感のある肌を持続。朝から長時間、外出される方の強い味方になること間違いなし!

 

 

【日焼け後のスキンケア】今すぐ始められる美白新習慣!

 

シミやくすみのもととなるメラニンの生成が行われるのは、紫外線を浴びてしまった後のこと。でも、実際にお肌の表面にシミやくすみとして表われて来るまでにはタイムラグがあります。

 

まだ隠れているシミだからこそ、今から出来るケアを考えてみませんか?

 

今日からできる日焼け後のスキンケアはこちら

 

まだ現れていないシミも、くすみが気になり出したら・・・

 

隠れているシミ・くすみを食い止めるには、お肌の根本にアプローチして、お肌本来の基礎力をUPさせることが絶対条件!

 

そして100%は避けきれない紫外線からのダメージを出来る限り軽減することが必須。

 

紫外線対策については予防だけでなく、うっかり浴びてしまった場合を想定したケアを日頃から、しっかり準備しておくことも大切です。

 

紫外線によるシミ、くすみについてはこちら

 

それでもシミができてしまったら!〜対策と除去編〜

 

 

ふと気づくといつの間にか出来てしまっているシミ。

 

あわてて紫外線対策をしても、どんどん大きくなり色も濃くなっていくばかり。

 

でも出来てしまったシミも、あきらめないで正しくケアをすれば、薄くすることも、さらに消すことも可能なのです。

 

 

【シミが現れる前に】保湿効果の高いコスメで今すぐ徹底的にケアを!

 

目に見えるようになってしまっては後悔しても遅いシミ。「今ある化粧品を使い切ってから考えよう」では間に合わない。

 

今が高保湿ケアで徹底した美白を目指すチャンス。デイリーケア、スペシャルケア、足りていますか?今すぐ再確認です。

 

本気でシミやくすみが気になり出したら【対策編】はこちら

 

美白有効成分が濃縮された美容液からはじめよう!

美白に有効な成分は、各化粧品メーカーによって競って新たなものが開発されています。今は定番となったプラセンタ(胎盤エキス)やコウジ酸などもそうして生まれました。定番はわたし達ユーザーによってその効果が認められた証。

 

しかし、新規の成分の中にも第二のプラセンタやコウジ酸がないとも限りません。最近では肌の漂白剤と人気が急上昇している【ハイドロキノン】が非常に美白効果が高いと皮膚科医でも推奨されている成分です。

 

美容液はぜひ定番と新成分の両方が濃縮されたものを選んで美白に磨きをかけましょう。

 

シミができてしまったら本気のケア【除去編】はこちら